無添加

生え際に効果的なタイプ

男性の薄毛、脱毛症である男性型脱毛症には生え際の後退があります。
これは男性の薄毛の方に起こる減少ではないのですが、この生え際の後退は男性ならではの薄毛、脱毛の症状なのです。
こめかみの上から少しづつ後ろにと後退していって、症状が進むことで、正面から見た時にMの形になるので、このタイプの薄毛を「M字型」と言います。

このM字型の禿げ方、薄毛の症状は、男性だけに見られるもので、女性にはまず見らません。
それもそのはず、この生え際は、男性ホルモンの影響を一番受けやすい部分なのです。
M字型の脱毛症状は、他のタイプの症状と比較しても改善が難しいとされているのです。

頭頂部の薄毛、脱毛は比較的、改善しやすい部分なのですが、この生え際の症状だけは、育毛剤でもなかなか改善できないようなのです。
この生え際の脱毛症を改善するには、悪玉の男性ホルモンを抑制することがとても重要なことになるのですが、そのための育毛剤、サプリメントを使用してもなかなか改善されないようです。
ですので、生え際から薄くなってきた方は、時間が経つことでさらに治療が困難になるので、早めの対処が特に大切になります。

育毛剤に多く使用されているのがミノキシジルですが、このミノキシジルには、頭皮の血行を促進する効果があります。
脱毛症を改善するためには、まず毛髪に充分な栄養を与えることが大切ですので、頭皮の血行を促進することがとても有効なのですが、この生え際の脱毛にはあまり効果が見られないとされています。
それは、特に生え際の部分は、頭頂部分などよりも血行が悪いので、ミノキシジルの効果もなかなな見られないようです。

また生え際の脱毛は、悪玉の男性ホルモンが影響していることが挙げられます。
いくらミノキシジルで血行を促進してみても、育毛には効果が見られないのですね。
この生え際の脱毛の大きな原因となっている悪玉男性ホルモンを抑制http://www.chicagoboaters.com/dannseihorumonn.htmlするためには、プロペシアが効果的です。
プロペシアは、生え際の脱毛にも効果がアルとされていますが、薄毛が進行してしまっている場合には、プロペシアでも効果が期待されないこともあるようです。

Copyright(C) 2013 頭皮や髪に優しい栄養素 All Rights Reserved.