無添加

塗る育毛剤か、飲む育毛剤か

男性型脱毛症で悩む方は、育毛剤を早めに使用することで、進行を遅らせることができます。
育毛剤と一口に言ってもその種類はとても豊富で、頭皮に塗るものと、飲むタイプのものもあります。
男性型脱毛症の方の治療として育毛剤を使用する場合には、飲むタイプのものがおススメです。

飲むタイプのものであれば、カラダの内側から有効成分が働きかけてくれるので、より効果的に発毛を促進することができるのです。
実際に男性型脱毛症の治療にも塗るものよりも飲むものの方が、多く使用されているようです。
飲むタイプのものの大きなメリットは、やはりカラダの中から直に有効成分を取り込むことができることです。

ですから塗るものよりも、よりスピーディに効果が現れてくるのです。
即効性があって、効き目も優れているのが塗るタイプの育毛剤なのですね。
一方の塗るタイプのものは、頭皮の毛穴から有効成分を浸透させることになります。

ですので飲むタイプのものと比較すれば、どうしても有効成分の吸収率の面で劣ってしまうのですね。
しかし男性型脱毛症に対しての効き目が高い分、飲むタイプのものには、副作用の危険性も出てくるのです。
ですので、利用される時には、しっかりと指定された用量などを守って飲むこと、そして自分の体調などに気をつけながら使用することが大切です。

では、飲むタイプの育毛剤について少しだけご紹介しますね。
まず薬用成分のフェナステリドが配合されたプロペシア系の育毛剤があります。
こちらの育毛剤は、クリニックで処方してもらうことになるのですが、保険が適用されないので、全額自己負担になります。

個人輸入するという方法もあり、少しは安く手に入れることが出来ますが、副作用などがあった場合、自己責任となります。
他にも血行を促進する働きのあるミノキシジル系の育毛剤や、植物由来の生薬で作られたサプリメント系の育毛剤などもあります。
飲むタイプのミノキシジル系の育毛剤は個人で輸入するしかありませんが、効き目が穏やかなサプリメント系は市販されているので手軽に購入できますよ。


Copyright(C) 2013 頭皮や髪に優しい栄養素 All Rights Reserved.