無添加

育毛剤で男性ホルモン抑制

男性にとって、薄毛や抜け毛などの頭皮の悩みは、とても深刻なものですね。
女性でも薄毛や抜け毛に悩む方が増えているようですが、女性と男性では、同じ頭皮の悩みであっても、その原因が異なります。
男性の薄毛や抜け毛の症状は、AGA=男性型脱毛症と言われていて、男性ホルモンと深い関わりがあります。

女性にも男性ホルモンは存在していますが、その量は、男性の10分の1となっています。
女性の頭皮の悩みは、ホルモンではなくて日常の生活習慣などが大きく影響しているのです。
もちろん男性の頭皮の悩みも日常の生活習慣が影響しているものの、男性ホルモンの影響によるところが大きいのです。

男性ホルモンは増えすぎることによって、男性型脱毛症を引き起こす大きな原因となるのです。
男性用の育毛剤もたくさん市販されていますが、この男性ホルモンに働きかけてくれる有効成分が配合されています。
ではまず、男性型脱毛症が起こる仕組みを簡単にご紹介しますね。

男性ホルモンの一種であるテストステロンという成分が5αリダクターゼという変換酵素の影響を受けます。
この影響を受けたテストステロンは、デヒドロテストステロンというホルモンに変換されるのですが、このデヒドロテストステロンが脱毛を引き起こすのです。
育毛剤に配合されてる有効成分には、男性ホルモン自体を抑制しているのではなくて、男性ホルモンのテストステロンが、デヒドロテストステロンに変換されるのを抑制する働きがあるのです。

5αリダクターゼによって、男性ホルモンがデヒドロテストステロンに変換されないようにすることが、男性型脱毛症の予防、改善につながるのです。
男性用の育毛剤によく配合されている成分で、この5αリダクターゼの抑制に効果があるとされている有効成分は、次のようなものです。
フェナステリドやノコギリヤシ、亜鉛やかぼちゃの種子エキスなどです。
男性用の育毛剤には、このように男性ホルモンに働きかけるタイプ以外にも、頭皮の血行を促進するタイプや、頭皮や毛根に栄養を与えてくれるタイプなどさまざまな種類がありますので、自分にあったものを選ぶことが大切です。

Copyright(C) 2013 頭皮や髪に優しい栄養素 All Rights Reserved.